20141001 もみじ市を終えて。

c0221153_2432920.jpg











今年は、大阪や京都、兵庫県に住んでいる友人がもみじ市に来てくれた。
実は東京に住んでいる友人もこっそり来てくれていたみたい。

皆がもみじ市を終えてメールをくれたのですが、いちように、そのエネルギーに圧倒された!とのことでした。
大阪から来てくれた友人は初日をもみじ市で過ごし、翌日は東京見物をしようと予定していたそうなのですが、初日にノックアウトされて、二日目ももみじ市に来てくれていたそうです。
あいにく、皆、あまりの行列にびっくりしてわたしに声をかけずに帰ってしまった人が多かったのですが、河川敷で会えた2人は、しっかりとマップを手に持って見て回ってくれていました。

「いつも全力疾走のひろよちゃん(七穀店主)が、更に身を削って夢中になっている理由がわかった。」
「久しぶりにめっちゃ遊んだ!楽しい!」と、言ってくれて、ほんまに嬉しかった。

新店舗を作る際にも感じたのですが、パン屋を始めたことで苦しんだこともありましたが、
得たものもあって、特に、人の繋がりにたくさん助けてもらいました。
飛び出すパン屋をやめられない理由も、わたしのパン屋のカタチもそこにある。

やま母をはじめ、旦那さん、千華ちゃん、っと、皆を巻き込んでの飛び出すパン屋ですが、
これからは皆に負担をかけないよう気をつけながら、続けてゆきたいと思っています。

わたしにとってもみじ市とは、特別?大切?
しっくりくる言葉が見つからないなと思っていたのですが、大阪へ帰ってきて、ようやく見つかった。
あの場所に立ちたい!という湧き上がる気持ち、終わってしまった、、、という切ない気持ち。
そして、今年も燃え尽きました。


[PR]
by 759bakery | 2014-10-02 03:15 | 七穀ベーカリー


<< 明日はモーネで開催中のぶねこ展へ。 20140928 もみじ市20... >>